価値ある仕事で
インパクトを残す

KENSHI YOSHIDA 吉田 賢史

セールスコンサルティング局 / 2019年入社

PERSON 先輩社員の紹介

どんな学生時代を過ごしていましたか?スタイルビーを選んだ理由を教えてください。

学生時代はアメフト漬けの毎日を送っていました。高校までは野球をしていましたが、チームの雰囲気の良さにひかれてアメフト部に入部。楽しめればと思って入部したのですが練習を重ねていくうちに面白さにはまり、朝から晩までアメフトに夢中でした。所属する大学のアメフト部には常駐のコーチがおらず全て自分たちで練習メニューを組み、お互いが教え合うというスタイル。この経験から自主性はかなり培われたと思います。部活がOFFの時期には単身東京に行き他チームの練習に参加しに行っていました。笑 教育大学だったので教育実習にも行きましたよ。志望していた教員の仕事にも触れましたが、アメフトを通じて出会った方々のそれを超える魅力にこんな人になりたいなと思い一般企業への就職を決意しました。 そんな学生時代を経て社会人になったのですが、スタイルビーに入社するまで2つの会社を経験しました。1社目はITの商社、そして2社目は学生の就職支援の会社。前職のパートナーであったスタイルビーに転職を決意したのは「お客様にいいものを提案したい」「良いメンバーと働きたい」という2つの理由から。自らの利益のためだけでなくお客様の利益も追い求める必要がある仕事でとても魅力を感じましたし、会社の雰囲気がとても良かったことことが入社の決め手です。

スタイルビーという会社をどう思いますか?

「価値ある仕事」と自分らしい「働き方」ができる会社だと思います。ダイレクトマーケティング広告は結果がはっきりと数字としてわかるため責任とやりがいを持てる仕事です。入って間もないですが自分の仕事がクライアントの結果に結び付けば嬉しい、そうでなければ悔しいと思えるそんな仕事です。また働く環境としてスタイルビーの良さは多様性があるところだと思っています。
「WILL」という自らの目指す将来像を大切にしているのですが、メンバーもそれを尊重してくれる雰囲気があります。3社の経験と人材に携わってきたなりにたくさんの会社を見てきましたが、会社がひとりひとりの価値観に寄り添う会社は他にはないんじゃないかなと思います。

いま、熱狂していることは何ですか?

スタイルビーで営業として働いていますが、今最も楽しく、熱中しているのは新規企業の開拓です。もともとあるクライアントを大きくしていくことももちろん楽しいですが、自分のお客様を自分で作り、それを0から大きくしていくという経験はもっと大きな楽しみだと思います。正直入ったばかりだとそんな仕事は任せてもらえないと思っていましたが、入社直後から新規事業を任せていただき熱中できる毎日を送れています。スタイルビーは入ったばかりのメンバーにも自由と裁量権を与えてくれる会社だと感じています。今やっている新規の開拓からクライアントで結果を出し、大きくしていくことが今の目標です。

就職活動を控える学生へ
メッセージをお願いします。

私の学生時代の就活はなんとなく大手に受かりなんとなく大手へ就職を決めた。そんな就職活動でした。 あの時の自分に「もっと自分に向き合え」って言ってやりたい。 後悔しないためにも自らの価値観と向き合い就活して欲しい。 内定はスタートでゴールではないから働いている自分をイメージしながら就職活動頑張ってください。 ちなみに僕は「かっこいい大人」になりたいという価値観でスタイルビーで働いています。 「スタイルビーはきらきらした、かっこいい人が多い」僕のそのイメージは入社前も後も変わりませんでした。 今はそんなメンバーに負けないように仕事しています。 仕事もプライベートも全力になりたい人、そんな人はぜひ覗きに来てください。